ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ほへと生年月日占い | main | 井上芳雄 LIVE 2006 >>
2015.12.27 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2006.07.31 Monday

Wicked In USJ

ウィキッド・・・だな、私は。
ウィケッド・・・じゃないな。うん。

夏休みの日曜日の炎天下のUSJに
観にいってまいりました。
WICKED 特別版

2時間以上の舞台を30分に短縮。
おいおい、無茶するやんけ、と思いながらも
やはり生で「Defying Gravity」(視聴はこちらで)を聴きたいやんけ、というわけでして。

この作品、私は観ていません。
そんな私のネタバレレポです。ご了承おば
とりあえず、アトラクションなので
並ぶわけですが、並んでいる間
NYで観たNineさん(レポはこちら)にあれこれと質問攻め
「ボクとか、エルファバの妹も出るんかな?」
「ヤギの先生は?」
「オズの魔法使いをジョエル・グレイがやったんやろ?」
しかし、あいまいな答えのNineさん
楽しかったけど今ひとつ覚えていないらしい(笑)
私の方が、観ていない分、情報を欲したために起こる現象とみられます。
百聞と一見、ちっ、Nineさんの方が勝っているなんて!(なんの競い合いやねん)

さて、お席にも余裕で着き
(いっぱい入るし、どの席でも観易そうでしたよ)
セットを観ると、ま、簡素化されていますが
まーそこは、ね?
劇場じゃありませんし
30分ですからセット替えもままならないしね。
左右に電光掲示板あり。

始まりのアナウンスは
「二人の魔女の友情の物語」と。
観て納得。
たしかにエルファバとグリンダの友情物語のみをクローズアップ
すなわち、ボクもエルファバの妹(ネッサローズでしたっけ?)やぎの先生もでません。

始まりは、二人がエメラルドシティーに着いた所から。
オズの魔法使いに会い
オズの魔法使いは二人が友達になるまでのことを尋ねます。
そして、回想。
「What Is This Feeling?」
「The Wizard and I」
「Popular」
を、英語(字幕あり)、日本語織り交ぜながら
二人の友情が芽生えるまでのストーリーを描き
回想終了。
(だったと思います、ちがうかも。だって一回しかみてないし(いいわけ))

そして、オズの魔法使いの言われるがままに
エルファバはサルに羽を生やし、悪者にされ
Defying Gravity〜〜

以上、30分。
うまくまとめたね、という感じで。
映画の「オズの魔法使い」を見た事ある人は
あーこうやって西の悪い魔女が誕生したんだな、と納得いったことと思います。

満足いった点は
歌唱力、ダンス(ただ、人数が少ないのでやや迫力不足)
ちゃんと30分用に直されたストーリー。

不満は
エルファバの日本語(台詞も英語でいいと思う・・・)
飛ばないサル
ちょっと多すぎたトラブル(マイク不調&終了時の幕からはみ出てしまってあせるグリンダ)
セット(エルファバは・・・もろ台に乗っているだけ、飛んでねぇ)

総合評価は・・・
まーまー(笑)

とりあえず、ホンモンがみたいよぉぉぉ〜
やはり、今年も”日本の正月”を捨てなくてはならんのか?
ロンドン?NY?
あーどうしよう・・・

Tシャツ買っちゃった。

誰だ!今「貧乳・・」ってつぶやいたの!(ヒライケンジ風)
2015.12.27 Sunday

スポンサーサイト

コメント
ちょっとキレイなおねぇさん風に写ってるで。
いいなー、細いと。
  • Nine
  • 2006.07.31 Monday 19:10
どうでした?E.T.のTシャツは。
好評でしたん?
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
?
大阪にあるUniversal Studio Japan(ユニバーサルスタジオジャパン)が 1月31日まで年間パスポートのお得なキャンペーンをやっているということで 行ってきました! 主な目的は新しく出来た「Land Of Oz(ランド・オブ・オズ)」で上演されている ミュージカル「Wi
  • むだづかいの日々
  • 2007/02/11 12:54 PM
Powered by
30days Album
PR