ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< LIVE! METAL MACBETH | main | ドナインシタイン博士のひみつ学会§3 初恋のひみつ >>
2015.12.27 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2006.07.17 Monday

OUR HOUSE

観劇前にフットマッサージをしてもらっていたら
意外と時間がかかり
危うく遅れるところでした
未熟未熟(下北サンデーズ)

昨日観てきました
OUR HOUSE

ロンドンミュージカルで音楽はMADNESS
MADNESS・・・知らない(笑)
今年のフジロックに出演らしい。
フジロックに出演する感じのバンドなのね?
なるほど、ってあんまりわかっていませんが。
もう行かなくなって長いですからねぇ〜
MADNESSファンの大王は行くんでしょうかね、フジロック。
ちゃんと日焼け止めを持っていってくださいね。
きっとアロハで行くんでしょうから。
ホワイトステージは砂埃がすごいので
ひげで鼻の穴をガードしたほうがいいですよ〜
鼻くそ真っ黒になるしね〜

さ、感想ですが。
NineさんがBlood Brothersを観た時に
「めっちゃおっさんやのに、高校生とかまじめな顔してやってて笑っていいのかわからん」
てなことを言っていたのですが
ロンドンミュージカルにはそのような傾向があるので?(笑)
まず、池田有希子さん。
ミュージカル「NINE」でのセクシーカルラのイメージが強すぎて
清純な女子高生に見えない・・・
きっとのちにセクシーな女性に変身する役なんだ、と信じて疑わなかったのですが
そのまま、まじめな女性として終わってしまった。
そして、池田成志さん
「16ですけど何か?!」って、ガン飛ばされても・・・
ダンサー陣と制服姿で必死にダンシング
おぅ・・痛々しい
その他キャストも、その人である必要が?という感じの
どうにもミスキャスト、というか
もったいない使い方、というか。
16歳から21歳、という5年間の時間の流れなんだったら
もっと若いキャストでええやんか、と思うんですがね・・・

そして、ロンドンミュージカル、なのに
笑いのネタが日本(そして大阪)だったりするのは
ちょっとな。
ロンドンのカムデンロックという場所がキーとなっているのに
放出(はなてん)中古車センタ〜って・・・
ちなみにカムデン・ロック・マーケットに行った事がありまして
変な指輪と変なスカートを買った事があります。
若者の町って感じでしたよ。

ストーリーは2幕から良くなりました。
1幕観終わったときは
どうなるのかそれほど気にならんなぁ〜と思いましたが
2幕観終わったときは
ちゃんと最後まで観てよかった、と。

エンターテインメント性も高く
パンフレットに「舞台装置が踊ってる!」と書かれていましたが
まさにその通り、激しく変わる舞台セットに楽しませてもらいました。
そして、ほとんど舞台に出ずっぱりの主人公ジョー役・中川晃教さん
幾度も見せる早替えは、本当に脱帽です!
気持ちの切り替えも大変だったことでしょう。
ウラで着替えをサポートするスタッフさんも
汗まみれだったことでしょう。
すばらしかったです。

良い所と悪い所が交差する
まさにストーリーどおりの舞台だった、のか?(笑)
2015.12.27 Sunday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
中川晃教
中川晃教中川 晃教(なかがわ あきのり、1982年11月5日 - )は、日本の男性シンガーソングライター。宮城県仙台市出身。小学生時代から作曲を始め、地元の学校に通いながら音楽活動を続ける。東北高等学校を経て、東北文化学園大学入学。地元のテレビ
  • めぐみの日記
  • 2007/07/12 11:25 AM
Powered by
30days Album
PR